HOME

    

視力とは?
一般的に「視力」といえば、良い、悪いと表現される事が多くあります。
つまり裸眼視力(メガネなどを使用せずに測定した視力)が1.2や1.5見えれば「視力は良い」。裸眼視力が0.3や0.5なら「視力が悪い」と判断している方が多いと思います。
たしかに間違った見解ではありませんが、視力はもっと奥深い物であり、裸眼視力だけで「良い」「悪い」を判断したり、そのまま放置する事は間違っています。視力低下を起した原因を解明する事が大切です。
視力に関することを、順番に説明いたします。

                                                      

視力の発達
視力は生後早期よりかなりの発達が見られます。
物を見る機能の発達に大切な時期が生後早期にあるため、感受性が一番高い時期は1歳半といわれており、だいたい8歳頃まで続くと考えられております。
この時期に、眼球に良い刺激を受けていれば、視力の発達に良い影響が得られます。しかし、眼球に悪い刺激を受けていれば、視力の発達に悪い影響が出てしまいます。
この場合の悪い刺激とは、何らかの原因で目の中の網膜(カメラのフィルムの役目をする組織)に綺麗な像ではなく、ピンボケ像やかすんだ像等が写ることです。
つまり、早い時期に「悪い刺激」が無いか探し出す事は大切です。特に「3歳児検診」は非常に大切ですので、必ず受けるようにしましょう。就学後に見つかった弱視では、早期に適正な度数のメガネを使用する必要があります。

                                                      

正視?近視?遠視?乱視?
人間の目はほとんど「遠視」の状態で生まれてきます。体の発達に伴い眼球も発達していき、6歳頃には大人とほぼ同じ大きさに成長します。この頃の眼球の長さは約23mm〜24mmで、大人と変わりません。
目に入る光の屈折力(光を曲げる力)が正常で、網膜上にピントが合っていれば裸眼視力は「良く見える」状態となるのです。つまり裸眼視力以外に詳しい検査を受け、近視・遠視・乱視が認められなければ「正視」といえます。

                                                           

近視とは?
屈折力が強かったり、眼球の長さが長くなる等の原因で、網膜の前方に焦点が結ばれる状態を近視といいます。
眼球が長くなって起こる近視(軸性近視)は度数が強く、眼球自体にも変性等の悪影響を及ぼす事があります。
しかし、屈折力が強くなり発生する近視(屈折性近視)は、検査を行う上で注意が必要です。
目の使いすぎ(長時間のテレビゲームや近方作業など)により、調節力(近くの物を見る時に水晶体を膨らませ、網膜上にピントを合わせる機能)が増加し、眼球内の水晶体が膨らんだ状態で、元に戻らない状態が起きる時があります。この様な状態で発生する近視は、他覚的屈折検査(機械を使って行う検査)では、強い近視があるように測定されてしまいます。そのデータを鵜呑みにして一般的な自覚的屈折検査(検査用レンズを使用して行う検査)を行えば、間違った測定結果を出す可能性が非常に高くなります。そのため、自覚的屈折検査以外にも、雲霧法・検影法・両眼開放屈折検査等の検査をする必要がでてきますが、このような技術が出来る眼鏡店を探しましょう。
裸眼視力だけでメガネが必要か判断するのではなく、両眼視機能などトータルに考える必要があります。

                                                        

遠視とは?
近視とは逆に屈折力が弱かったり、眼球の長さが短い状態などで、網膜の後方に焦点が結ばれている状態を遠視といいます。やはり、遠視にも軸性遠視と屈折性遠視があります。
また、遠視は屈折異常以外にも厄介な症状や病気を起こす場合があるので特に注意が必要です。
遠視は斜視や弱視等を起こす原因の一つです。裸眼視力が良くても時には遠視が隠れている場合があります。
遠視があっても目の調節により、焦点を網膜上に結ぶ事が可能ですので裸眼視力は良くなります。しかし、常にピント合わせの機能をフル回転しておかなければならないので、目にとって負荷がかかった状態で生活をしています。特に隠れた遠視(潜伏性遠視)が無いか注意が必要です。


よくお母さんたちの会話の中に

                  「うちの子は集中力が無くて、すぐに勉強を怠けるのよー。」


とか

      「うちの子は子供なのに頭が痛いとか肩がこっただのいつも言ってるの。
                 病院に行ってもなんとも無いし。いつもイライラして、反抗期かしら。」


なんて会話を聞く事があります。

                                                     

遠視があり、いつも目の調節を使用している場合、お母さんの話の中に出てくる状態は現実に発生するのです。
大人では眼精疲労や近くの文字がぼやける、偏頭痛、肩こり等の症状として認められます。大人は以前の状態と比較できるので、自覚的に「以前と比べて最近は変」と判断できます。しかし、子供の場合は生まれてから現在の状態が続いているのですから、「以前と比べて最近は変」とは判断できないのです。
しかし、子供は行動で親に「異常」をアピールしています。小さなアピールですので、親が見落とさないよう注意する必要があります。
あれ?と思ったら、とにかく相談や検査をお勧めします。このことは、大人でも子供でも同じ事が言えます。

                                                        

乱視とは?
外から色々な方向の光が眼球内に入ってきます。例えば縦から入って来る光と、横から入って来る光があるとします。目の中に入るときに縦と横の屈折力が違うと眼球内に2つの焦点が出来てしまいます。すると乱視が発生します。つまり焦点が2つあるため、「像がダブって見える」ようになるのです。片眼では1つに見えるが、両眼で見た時は2つに見える場合は、乱視とは別の状態ですので放置しないで下さい。乱視の種類は色々あり、倒乱視、直乱視、斜乱視、混合乱視などが代表的なものです。
乱視も強いと弱視等の原因になることがあるので注意しましょう。                   

皆さん、視力の低下は思った以上に奥の深いものと分かっていただけましたか?


視力が低下した場合、必ず正確な検査が必要となります。また、屈折異常以外にも「目の病気」が隠れているかもしれません。必ず一度は眼科を受診し、病気の有無を見てもらいましょう。眼科では屈折検査を行うにあたり、調節麻痺剤(目の余分な力を麻痺させる目薬)を使用し、屈折値を測定する事があります。特に遠視においては、調節麻痺剤を使用しなければ隠れた遠視を測定する事は非常に困難です。この検査結果により治療方法も変わってくる場合があります。
眼鏡店においては、認定眼鏡士のお店で相談する事をお勧めします。日常的に両眼視機能検査や検影法などの検査を行っているお店や、検査の結果や相談内容によっては、すぐに信頼のおける眼科を紹介してくれるお店を探しましょう。
また、「メガネをかけたら度が進む」「かけはずしすると度が進む」などよく聞きますがこれは間違いです。度数の変化は体の成長や発育、生活環境によって進行しますので、メガネを装用することと、度数の進行は関係ありません。

                                                    

もう一つ大切な事があります。
視力以外にも大切な機能があり、
その機能は日常生活において重要な物なのです。
また、視機能の発達においても必要不可欠な機能です。

突然ですが、皆さんに質問です。私たちの目はいくつあるでしょう?
ご承知の通り「2つ」あります。なんで「2つ」あるのか考えた事あります?
カメレオンのように、左右別々の物を見るためなら2つ必要ですが、
人間は同時に1つの物しか見ることができません。
同時に1つの物しか見れないのですから、目は1つでも問題ないと思いませんか?
しかし、ちゃんとした理由があって、「目は2つ必要」なのです。
これからお話することは、少し難しいので、
ハッキリと理解できないかもしれません。
その時は、信頼のおける眼鏡店や眼科医にお聞き下さい。


目が「2つ」必要な理由

その1・・・同時視
       目は左右それぞれの像(車や風景など)を見ています。つまり、網膜には左右別々の像が写っています。
       同時視とは「異なった像を左右同時に見る機能」のことをいいます。

その2・・・融 像
       同時視で左右別々に映った像を、脳の中で「重ね合わせて1つの像として認識する機能」のことをいいます。

その3・・・立体視
       立体視とは「物までの距離感や立体感を確保するための機能」のことをいいます。


視力以外に必要な機能なのです。この機能を「両眼視機能」といい、何の問題も無く日常生活をすごせるのも、両眼視機能が正常に確立されているからです。両眼視機能は5〜6歳頃には完成します。この機能が正常に働かないと斜視や弱視も懸念されます。両眼視機能が崩れた状態を擬似体験するには、「どちらか片方の目を閉じて、片目で行動してみて下さい」 両眼の時と違い、何をするのもしにくくなると思います。
途中から両眼視機能が崩れると「何かおかしい」と認識しますが、「生まれた時から崩れている」と認識しません。その状態が普通を思っているからです。球技が不得意、よくつまずく等の行動で両眼視機能の異常は発見できる場合もあります。もしも変だな?と思えば両眼視機能検査を受ける事が一番大切です。

  肉食動物は獲物を捕獲するため、獲物までの位置や距離感が重要です。しかし、草食動物は距離感より、肉食動物が襲って来ないか等の、安全が優先されます。つまり、距離感などの精密な視機能が必要な生き物は目が正面に位置し、視機能より安全面を優先する生き物は目が側方に位置しているのです。動物以上に複雑な機能が要求される人間には、高性能な眼球が顔の正面に2つと精密な視機能が必要なのです。

                                                    


視力や視機能に関してのご相談はメールまたはお電話にてお気軽にご相談下さい
メガネの豊福 大分県臼杵市八町大路(はっちょうおおじ) TEL:0972-62-2970